スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1Mでできるダブルバック~作り方♪
ダブルバック

前回お話しました仕切りがあっていろいろ入るダブルバック

ダブルバック

折りたたんで収納もできます

ダブルバック

その作り方を載せていきたいと思います

~1mでできる持ち運びにも便利なダブルバック~


ダブルバック
ダブルバック

入れ口が2ヶ所ありポケットも3つ作りました
予備バックとしても便利なバックです

用尺
☆本体布・・・2×(90×35)
☆持ち手・・・2×(60×10)→縫い代込
☆外ポケット・・・20×20
☆内ポケット・・・12.5×12.5


ダブルバック

型紙

サイズはいろいろと試してください
今回1mでおさまるように考えましたのでこのようになりました

ポケットサイズも布によっては
もう少し大きさや形を変化できると思います

持ち手についても太さや長さは自由に調節してください
市販のテープを使ってもいいかと思います

ダブルバック

裁断


持ち手・ポケットなどは
布内におさまるようにします

ポケット口はミミを利用しています
布によって(柄や材質などで)大きさや方向を変えたり
形も変えてもいいかと思います

同じ面の裏表に縫い付けますので
外ポケット>内ポケットとなるようにします

ダブルバック

ポケット作り

本体の入れ口を三つ折りしておきます

所定の位置にポケットを縫い付けます
裏側に内ポケット、表側に外ポケットを
それぞれ縫いつけます

外ポケット>内ポケットとなるようにします

ダブルバック

持ち手作り

仕上がりサイズは5×50になります

持ち手のところを中心10㎝にステッチをかけ
細くして持ちやすくしてあります

収納タイプにする場合は広いままの方がたたみやすいかなと思います

ダブルバック

本体

袋縫いをします

まずは、仕上がり線から下を
0.5㎝の縫い代で縫います
縫い止まりには切込みを入れておきます

ダブルバック

次に、中表に返して
1㎝の縫い代で縫います

今度は端から端まで縫っていきます

本体の入れ口部分にアイロンをかけ直しておきます

ダブルバック


入れ口まわりのステッチ
持ち手も一緒に縫い付けます

持ち手を上に折り上げ
ステッチで押さえます

ポケットのついている側が
バックの表側となります
持ち手の付け位置に気を付けましょう

ダブルバック

底作り

全体にアイロンをかけて整え
持ち手の位置・ポケットの位置など
再度確認します

この時点ではちょっと変わった形になっているので
必ず確認しましょう

底線に印をしてミシンで縫いとめます

ダブルバック

仕上げ

ポケット(中)を作ります

ステッチでとめた底線で
本体を二つ折りにします

持ち手のついていない本体面を合わせて
ポケットの形に縫っていきます

ダブルバック


最後に持ち手の付け根にボタンを縫い付け
括り用のゴムを取り付けて完成です

ダブルバック
ダブルバック

このパターンはよく使います
ついついコンパクトにまとめて収納したくなる(^_^.)
もちろんなしでもOKです

さらっと説明したつもりが長くなりました
このような流れで一度お試しください

尚、もう少し詳しく説明した仕様書がダウンロードできます
こちらも利用していただけたらと思います
A4で4枚になります

こちらから
↓↓↓


1mでできるダブルバック
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。