スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハギのある三巻き処理~つまりをなくし、ハギ目を揃える♪
三巻き

後ろにフリフリがついているベビー用パンツです
途中にハギ目が入っている場合の三巻き処理の方法です





三巻き

気になるのは
①ハギ目の縫い代がじゃまできれいに入らないのではないか
②仕上がりのハギ目がズレてしまうのではないか
今日はそのお話を少し♪




三巻き

ベビー用パンツ80~90用です






問題点

三巻き

まずは①
ふつうに縫っていくとハギ目が登場します
ここを通り抜けることができるのか




三巻き

そして②
仕上がりを見てみると
上の布がどんどん押されて
ハギ目がズレてしまう
これはどうしたらいいのだろうか?




実践①

三巻き
まずはハギ目にしっかりとアイロンをかけて
縫い代の角を切り落とします
布の厚みを少なくすることと
角を切り落とすことで押さえ金の中に入りやすくするためです




三巻き

ハギ目付近ではスピードを落とし
縫い代を押さえの下にしっかりと誘導します
上の縫い代は目打ちなどで中に入れ込むようにします
針落ちの直前で布を巻きこんでいますので
ゆっくりと入れ込んでいきます





実践②

三巻き

押さえの入り口付近でちょうどいい位置にあるハギ目も
トンネルを通りすぎると
押さえの圧に押されてズレて仕上がってしまいます




三巻き

きれいな三巻ができても
ハギ目がズレてしまっています




三巻き

ズレをあらかじめ予想して
押さえの入り口付近で少しズレ気味になるようにします




三巻き

最初から少し下布を引き気味に縫っていきます
上布は引っ張ったりせずに
自然に入れ込むようにします




三巻き

ハギ目がそろいました




三巻き

布は厚ければそれだけ
また三巻をより細くしようとすればするほど
難しくはなりますが
押さえの入り口付近では
ゆっくり慎重に進めば大丈夫です




ぶひ子

乗り越えていこう!!!





スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。