スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正確な見返しを作って、キレイな衿ぐりに仕上げよう
見返し

今日は見返しの話です
衿元をしっかりさせるためには見返しの仕上がりがとても大事です

接着芯を貼るか貼らないか・・・
基本は貼りましょう
物によって薄→厚と貼り分けたらいいかと思います




見返し

夏のチュニック
薄い綿生地です

薄い接着芯を貼って仕上げました

この場合の衿ぐりを
型紙通りの正確な見返しで仕上げたい

今日はその辺のお話を少し♪



見返し

型紙通りの正確な見返しを作るには・・・?
それは順番です

裁断する前に、布に芯を貼ります

布、接着芯は、見返しが入るくらいの分量を用意します
そしてまず芯を貼ってしまいます




見返し

布と芯を別々に裁断し、そして貼り合わせると
端が少しズレてしまいます

それを防ぐため、裁断前に芯を貼ります




見返し

芯を貼った後
本体布に地の目線を描き入れ
見返し線も描いていきます

そして裁断します




見返し

端もきれいにカットできています




見返し

くらべてみました

上:はじめに接着芯を貼って裁断したものと

下:別々に裁断した後、接着芯を貼ったものです

別々に裁断すると、どれほど正確に裁ったとしても
人の手がする事ですし、
少しのズレはあります
アイロンかけの時のちょっとの風圧でも少しズレます

そのくらいのズレは誤差の範囲内ではあり
縫う工程で修正可能ではありますが
出来たら気持ちよくピッタリとそろった方がいいと思いませんか?




見返し
ただ・・・ちょっとひと言
ちょっともったいない気もするかもしれません
きれいに仕上げるためとはいえ
少し多めに布や接着芯を使いますからね

見返しで使った後の残り布は
思い切って捨てるか小物などに使うしかありませんね

それでもいい感じの仕上がりをみると
少しくらいいいかなーと思ってもらえるとありがたいです




ぶひ子

見返しについてはまだまだ続くよ
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。