スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見返しの始末、ジグザグやロックや中縫いやいろいろ考えてみよう
見返し

洋服を作る場合の衿ぐり
ここをきれいに仕上げるためには見返しが大事です

前回は見返しをきれいに仕上げるためには
芯を貼ってから裁断しましょうというお話をしました



見返し

今回はその見返しの始末

ロックミシンがある場合はそれを使って仕上げます
ジグザグミシンでも同じで、切り端をジグザグしていきます

他にどのような始末の方法があるでしょうか?

今回はそんな話を少し♪




見返し

見返しの始末~衿ぐりに限らず前端や袖口など見返し全般~の方法です

大まかに分けて3種類考えました

①ロックミシン(またはジグザグミシン)
②端ミシン
③中縫い





①②ロック始末と端ミシン始末
見返し

どちらもまずは芯を貼ってから裁断します

①端をロックミシンまたはジグザグミシンをかけます
②縫い代を少し多めにとって(5㎜)裁断し、
ひと折りして端ミシンをかけます




③中縫い
見返し

ロックミシンやジグザグミシンなしで仕上げる方法です

糸の色が合わなかったり、また薄い布等
ロックミシンの縫い目を出したくない時があります
ひとつの方法としてやってみてください


本体布と接着芯をそれぞれ裁断します



見返し
中表に合わせて外周を縫います

ノリがついている方が裏側なので
間違わないようにしましょう

また布と芯と合わせるのは
伸びたりズレたりしてやりにくいです
注意して慎重に進めましょう




見返し

アイロンをかけていきます
本体表側から縫い目のきわに
接着芯を向こう側に倒すようにアイロンをかけます

ノリがついているので、やり直しがききません
アイロンの先端を使って少しずつ、
まずは5㎜程度貼り付けるようにアイロンをかけましょう





見返し

つぎに接着芯を反対側に回し
少しずつ貼っていきます

本体布と接着芯がズレないように気を付け
全体を貼っていきます




見返し

内のように
裏から見て表布が少し見えるように貼っていきます

ロックミシンや端ミシンと違い
何の縫い目もない端が出来上がります




見返し


いろいろな用途に合わせて使い分けてもらえたらと思います



ぶひ子


  見返しの話はまだ続くのですか?」
   「はい。続きます・・・(^_-)」
   「・・・・・・・はぁ・・・」





スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。