スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見返しの付け方を工夫してきれいな衿ぐりに仕上げよう
見返し

見返しについて
前回、見返し~芯を張る場合にやり方や端の処理のやり方などをやってきました
今回は実際見返しを本体に縫い付けていきます

このように衿なしの衿ぐりの場合、
まずは本体布・見返しそれぞれの肩を縫い
その後、本体と見返しを合わせ、
ぐるっと一周縫い付けるのが通常です




見返し


今回はそれとは違い、前後別々に見返しを縫い付け
最後に肩線を縫うやり方を紹介します

平面のまま見返しをつけアイロンをかけてきれいに整えることで
全体の衿ぐり~特に肩線との境目をきれいに仕上げることができます

そんな話を少し♩



見返し

まずはじめに見返しをつけます

印済み、端の処理済みの見返しを本体に中表に乗せ
衿ぐり線を縫っていきます




見返し

後ろの見返しも前と同様に縫っていきます




見返し

縫い代を5㎜ほどにカットします
前中心の鋭角部分はぎりぎりまでカットしつれないようにします




見返し

アイロンをかけていきます
見返しと本体の境目あたりに
見返しを立たせるようにアイロンをかけます

見返しを裏側に回し、
衿ぐりを伸ばさないように注意してアイロンをかけます




見返し

表に見返しが出てこないように
少し控えてアイロンをかけて整えます

前衿、後ろ衿共に同じように仕上げます




見返し

前後を合わせ肩線を縫っていきます
見返しはよけて縫います




見返し

SP(ショルダーポイント)→NP(ネックポイント)→見返し
と縫い合わせます




見返し

特にNPは本体と見返しの境目となりますので
できるだけ合わせるようにします




見返し

アイロンをかけて整えたら
きれいな衿ぐりの出来上がりです




見返し

通常は
肩線→衿ぐり1周

今回は
衿ぐり前後別に→肩線

どちらも試してみてやりやすい方法を見つけていってください




ぶひ子
順番変えるだけでしょ?
ちょっとやってみますか~(^_-)-☆


スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。