スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンシールファスナーシリーズはじまるよ♪~まずはどうなっているのか考えてみる
コンシール

子供服を作ってみました
大人服に比べて子供用は小さいので
手中に収まる感じで
小物づくりみたいに気軽にできます




コンシール

後ろ身頃にコンシールファスナーをつけました

コンシールファスナーは、通常のファスナーに比べて
目立たないし縫い目も見えない!
そこがいいところです




コンシール


コンシールファスナー
使いたいけど使い方がよくわからない!
使ってみたけどうまくできない!

そんな話を今日は少し(^^♪






どうなっているか、コンシールファスナーを見てみよう!
コンシール
ファスナーを開けてみると
エレメント(務歯)が丸まっている状態になっています
これを広げてこの溝を縫っていきます

この部分を縫うことで
縫い目を目立たなくしています




押さえ金はどれにするのか?
コンシール
コンシール
コンシールを縫う場合

○専用の押さえ金(溝があるもの)
○ファスナー用の押さえ金(片押さえのもの)
この二種類の押さえを使用します

×直線縫い用押さえ金
直線縫い用では縫うことはできません

工業用も家庭用もいろいろと揃っていますので
お手持ちのミシンの付属品を確認しましょう
コンシール用はなくても片押さえは付いています




専用押さえ金を使ってみる
コンシール

押さえの底に溝が掘ってあります
その溝にファスナーのエレメントを入れ込み
広げながら縫い進めていきます




片方押さえ金を使ってみる
コンシール
ファスナーのエレメントに寄せて
溝を広げながら縫っていきます




ファスナーの長さ
コンシール

押さえ金を交換して実際に縫っていきます
ファスナーの長さは本体あきの長さより
3~4㎝長めのものを使用します




コンシール

スライダーを一番下までおろした状態で
両側を本体に縫い付けていきます





コンシール

本体とファスナーの間からスライダーを引き出して
ファスナーを閉じます

本体とファスナーの縫い付けの境目あたりが
スムーズに引き継いであれば成功です

コンシールファスナーは普通のファスナーと違い
エレメントが丸く折りたたまれています
丸みの中の溝を縫うことで表に縫い目が出ないようになります

この溝の縫い方
そして本体とファスナー付けの境目


この二つがファスナー付けのポイントとなってきます

次回には実際に縫い方をやってみたいと思います




ぶひ子

ここからが本編ですよ
次回に期待!!! coming soon(^_-)-☆


スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。