スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンシールファスナー~仮止めなしでやってみる
コンシール

ワンピースの後ろ身頃あきにコンシールファスナーを使ってみます

基本の付け方の仮止めをするやり方
失敗もなくきれいに縫えますが
縫い目とファスナー中央を合わせるところや
仮止めにちょっと手間がかかります

それらを一気に乗り越えて
いきなりファスナーをつけるやり方です

また、ノースリーブワンピなどでは
ファスナー付けは後半の作業で
またやりにくい状態での作業になります
いろいろなやり方をマスターしておくと
役に立つと思います





コンシール
今回は、片押さえ(工業用ミシン)を使用しています
 
ちょっとしたコツでできますので
基本のやり方に少し慣れてきましたら
試してみてください



ファスナーの準備
コンシール

基本の付け方でも触れましたように
本体のファスナーあきの寸法よりも
+3~5㎝以上長いファスナーを用意しましょう




コンシール

エレメントにアイロンをかけます
エレメントの丸くなっているところにアイロンをかけて
しっかりと広げます

広がったところは
その後自然と元に戻ります




縫い付け
コンシール

まずは左身頃に縫い付けます
エレメントが元の丸まった状態ではなく
平らに広がっていますので
その端に押さえ金を合わせて縫い進めます




コンシール

ギリギリ端を縫っていきます
エレメントがストッパーとなって
それ以上はいかないようになっています

縫い目と一体化させるためにも
しっかりと端を縫いましょう

本体の縫いどまり位置まで縫います




コンシール

反対側を縫います
今度は反対に下から縫っていきます
縫いどまり位置からはじまって
上まで縫います




気を付ける!
コンシール

反対側を縫い始めるとき
縫いどまりから下のファスナーの長さを
しっかりと同寸法にしておくことが大事です

仮どめしてある時は
気にせず縫うことができましたが
仮止めなしでは
ズレが生じやすくなります
ここがコンシールの難しいところになり、仕上がりに影響します

この縫いどまり下のファスナー寸法を合わせること
非常に大事です




コンシール

両側を縫いましたら
中からスライダーを引き出します




コンシール

前回基本の付け方でもお話ししましたように
ファスナーつけ位置との境目が
スムーズになっているかどうかを確認しましょう

これで完成です

専用の押さえ金がなくてもできました
個人的にはコンシールは
たいていこの片押さえ使用です(^^♪

コンシール押さえも便利でいいですが
片押さえは、しっかりと縫う位置が見える
そんなところが気に入っています




ぶひ子 アイロン





≪ポイント≫
アイロンかけです
しっかりかけて広げます!
アイロンが熱すぎて変形しない程度にね(^◇^)

シリーズはまだまだ続きます(^^♪

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。