スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンシールファスナー~~まずは基本の付け方
コンシール

コンシールファスナーの基本の付け方を🎶
順を追って縫い進めていくと
無理なく仕上がるようになっています




コンシール

コンシールは、
縫い目とファスナー部分が一体化するのが重要です
ここにポイントおいて縫っていきましょう




コンシール

コンシールファスナー用押さえ金を使用します
押さえ金の底に溝が掘ってあり
ここにファスナーのエレメントを入れ込んで縫っていきます

それでははじめましょう(^^)/





ファスナーの長さの設定
コンシール
本体の縫いどまりよりも3~5㎝以上長いものを使用しましょう
スライダーを下までさげた状態で縫いますので
長さが足りないとスライダーが収まりきれず
縫いどまり付近がきれいに縫えません
余裕をもってファスナーを用意しましょう




仮止め
コンシール
本体の出来上がり線を仮縫いします
大きいミシン目でざっくりと縫います




コンシール
本体を軽く割り
ファスナー中央と本体縫い代中央を
合わせて止めます




コンシール
ファスナー端と縫い代を縫いとめます




コンシール
表に返し
仮止めのミシン目をとります




本縫い
コンシール
スライダーを縫いどまりよりも下にさげます




コンシール

コンシールファスナー用押さえ金にかえて
底の溝にエレメントを入れ込み
広げながら縫っていきます




コンシール
縫いどまり位置まで縫って止めます

縫い終わりましたら
スライダーを上げて完成となります




コンシール
縫いどまりとファスナーの境目が
きれいにそしてスムーズにつながっているか
確認しましょう




ポイント♪
コンシール

丸くなっているエレメントをアイロンをかけて伸ばします
するとファスナー付けが格段に楽になります

伸ばしたところは自然と元に戻ります

次回は片押さえを使用した付け方や
また仮止めなしで縫うやり方など
いろいろなバージョンを予定しています


それでは(^^)/

スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 2

りょんりょん

はじめまして。
洋裁初心者のりょんりょんと申します。

とってもわかりやすい説明!!
私のような素人は本や動画を見てもイマイチ理解できず、苦労してました。
これまで見てきた説明の中で一番わかりやすく、感動です(^o^)

2016/08/07(Sun) 22:16

Edit | Reply | 

aoi9353+1

ありがとうございます!

わかりやすいと言ってもらえると本当にうれしいです
励みになります

これからもよりよいものをお届けできるよう
頑張りますので
よろしくお付き合いのほど
お願いします(^_-)-☆

2016/08/08(Mon) 09:56

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。