スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンシールファスナー~最適な押さえ金はどれ?
コンシール
コンシールを付ける場合に
使用する押さえ金をいくつか紹介してきました

ではいったいどれがいいのでしょうか?

片押さえ(ファスナー用押さえ金)
コンシール専用の押さえ金で比較してみました




コンシール


これまでの記事と合わせて読んでください

コンシールファスナーこれまでの記事
⇓⇓⇓
コンシールファスナー~どうなっているのか
基本の付け方
仮止めなしでやってみる
切り替えがある場合



コンシール
1.工業用ミシンファスナー用
2.工業用ミシンコンシール用
3.家庭用ミシンファスナー用
4.家庭用ミシンコンシール用

上記の4種類の押さえ金を使って
調べてみました

1と3はファスナーつけ用の押さえになっています
片押さえ金になっていますので
ファスナーのエレメントをアイロンで伸ばしておく必要があります
仮止めなしの付け方参照

どれも使いやすく、
いくつかつけていくうちにすぐ慣れるだろうと思います
個人的な好みということもあるかと思いますね





コンシール

縫った後左右にひいて、
間が開いているかどうかみてみます

ここは開いていないほうがいいのですが
布によっては
そこまでぎりぎりを縫わなくてもいい場合もあるので
仕上がりの良さが判断の基準かと思います
 
どれも変わりないようですが
3 家庭用の片押さえが少し間が開いてしまいました
押さえ金の関係でしょうか、ぎりぎりに寄せても
思ったように端を縫うことは難しかったです




コンシール

仕上がりを見ます
縫い目のような仕上がりになっているかどうか
縫い目とファスナーがスムーズにつながっているかどうかです

どれも仕上がりに差はないように思いました

表にまとめてみました

どれもそれほどの差はありませんでした

3 家庭用の片押さえ金が
あまりギリギリを縫えないという点で
間が少し開いてしまいイマイチの印象でしたので
△としています

それでも仕上がりはそれほどの差はなく
どれもやり方次第では
また何度とやっていくうちに慣れて、
まずまずの仕上がりとなると思います





コンシール
個人的には、工業用の片押さえをいつも使っているので
コンシール用は便利だと思いながらも
たいていはこちらを使ってしまいます



ぶひ子

これは全くの個人的な主観で書いてますので
誰にでも当てはまるわけではありません
それでも何かの参考にでもなればと思います
すみませんm(__)m



スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。