スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紳士ズボンの靴ズレを付けて裾上げもやってみよう♪
パンツ
久しぶりにダンナのズボン購入
靴ズレと裾上げをやってみた
靴ズレとは、パンツの裾が擦り切れるのを防ぐためのものです
紳士用のパンツには必ずついていますね
前回の流れで、ロックミシンを使わないでやってみました

ミシンで裾上げをやってみる
購入したお店でついでにお願いしてもいいのですが
1度やっておくと役に立つ日もあるかも(^_-)-☆



パンツ



まずは寸法を測ります
メジャーで股下から
縫い目に沿って股下の長さをとります







両脚の股下を図ります
これで内側の印ができました




パンツ


パンツの外側に印を移します
内側と同じ位置に印をします

縦方向に直角となるように印をつけていきます

後ろは靴ズレ位置として長めの直線を
前は出来上がり線としてそれぞれ印をつけます




片脚をめくって同じように印をします




パンツ

もう片方の足もめくり同じように印をします

両脚の裾部分に
それぞれ図のように印が出来上がります




パンツ

靴ズレの裁断をします

裾上げ部分を決めていきます
(7~10㎝くらい)

たいていはポケット内に
靴ズレ用の布(補助用布)が用意されています

それらを使用するのもいいですが
裾の切り落とし部分を使用すると
あらかじめロックミシンがかけてありますので
靴ズレ用に使うのに便利です




パンツ

靴ズレの準備をします

カットした靴ズレは
ロックミシン部分を除いた三か所をアイロンで折っておきます

これを後ろの裾(直線の印の上)に縫い付けていきます




パンツ

置いてみます

靴ズレの中心をパンツの後ろ裾の中心に置きます
このとき靴ズレが出来上がり線より少し出るくらいの位置に置きます

靴ズレの両端は、
今度は出来上がり線より少し中に入るくらいの位置に置きます




パンツ

縫い付けていきます

靴ズレを四角に縫っていきます

出来上がり線のところは図のように
靴ズレは出ているが縫い目は出ないように縫っていきます




パンツ

このように靴ズレの中心は
出来上がり線より出ている形となります




パンツ

靴ズレがついたら裾上げをしていきます

ロックミシンは使わないので
裾をひと折りアイロンをかけ、一周縫っていきます




パンツ

裾上げアイロンをします

出来上がり線の印に沿ってアイロンをかけていきます
靴ズレの中心が自然に出ているかどうか
気を付けてアイロンをかけていきます




パンツ

裾上げをします

前回と同じように、➡ミシンで裾上げをやってみる

仮押さえミシンをかけ、押さえ金を換えて準備します

ミシン針の左の位置()に
本体(---)がくるように
調整して縫います




パンツ

一周縫って表に返し縫い目を整えたら完成です




パンツ
裾から靴ズレが見えています

これは靴が常に当たっている部分を強化するためで、
パンツの裾を保護する役目になります

最近では裾ギリギリにつけて表から見えないようにしたり
または靴ズレそのものを付けなかったりするようなこともあるようです
お好みで♪




ぶひ子

裾上げに限らず、ミシンのいろいろな機能はもっと使ってみたら楽しいかもです
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。