スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衿付け~準備
えり

ブラウスの衿の付け方です
目立つところだけになかなか挑戦できませんよね
左右対称はもちろんですが
衿がきれいにおさまっていることが大事となってきます

そんなお話を少し♪
今日は準備編です



えり

まずは表衿と裏衿と裁断します
縫い代は少し広めにとっておきます

表衿は縦方向(または横でも可)
裏衿はバイヤス方向にして中心をハギにします

表と裏は地の目を変えた方がきれいにおさまります

仕上がり線の印を表衿に書いておきます




えり

表衿と裏衿を中表に合わせてまわりを縫います

図のように縫い始めと終わりは
2~3ミリ程度ずらして縫います

衿先あたりから自然にずらし
縫い終わりで2~3ミリすれるようにします

縫い終わったものを見てみると
表衿が盛り上がっているのがわかります
これが表に返した時のゆるみとなります

通常、衿作りでは
裏衿に対して表衿を全体的にゆるみを入れながら
合わせていくようにするのですが

このように衿先~衿付けを自然にずらしていくだけで
他の部分は普通に縫い合わせていきます





えり

縫い代を5ミリにカットしアイロンをかけます

縫い代を裏衿側に倒すようにアイロンをかけます




えり

表に返して整えます
衿先の形が左右が対称となるように注意しましょう
裏衿から見たとき、表衿が少し見えるようにアイロンをかけます

衿付け部分は特に
表衿が裏衿に回っているようになっているか
しっかりと確認しましょう




えり

全体的にアイロンをかけたら
表衿に仕上がり線の印を書きます

肩線の印も忘れず書き入れます




えり

次に、衿付けのための準備です
衿がきれいにおさまるようにクセを付けます
①表衿を裏衿側に折ってとめる
全体の衿を折り返します

②衿付け位置から肩線の印まで縫いとめる
この時裏衿が押し出されて少し出ています

③肩線印から後ろ衿は裏衿にも仕上がり線を書く‐‐‐
表衿の印を照らし合わせながら印をします





えり

これで準備完了です
これらの作業をすることで
きれいなラインに仕上がります

もしもクセを付けずに衿を付けてしまうと・・・・・・
衿がきれいにおさまらず反り返ってしまいます




ぶひ子 アイロン





衿作りにはアイロンがとても大事♪
いきなりマックスでかけないで
まずはそろそろ様子を見て
左右をそろえてから最後の仕上げをしましょう

次回は身頃につけますよ(^_-)-☆


スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。