スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衿付け~本縫い
えり


前回衿付けの準備としてお届けしました➡衿付け~準備
今回は続編です
縫い付けていきます



えり

本体前身頃に衿を付けていきます
衿付け止まり~肩線までつけます

衿は前回クセ付けをしてありますので
この時点でなだらかな曲線になっています

左右とも肩線まで縫ってしっかりと返し縫いをしておきます




えり

次に後ろ身頃と裏衿のみを縫い合わせます
肩線の縫いどまりから1枚裏衿のみを合わせます
表衿は縫いこまないようによけておきます




えり

次に見返しを縫います
衿の上に見返しを乗せ合わせていきます

肩線まで縫って止めます



えり

次に縫い代始末です
縫い代が中でゴロゴロしないように少しカットします

肩線の縫いどまりまで切り込みを入れます
肩線から下の曲線部分は5㎜ほどにカットします
角は切り落とします




えり

アイロンをかけます

見返しを表に返し、カーブに注意しながらかけていきます




えり

後ろ衿の始末です
後ろ衿の表を
肩線の切込み位置から中に折り込みます
見返しの縫い代も一緒に折り込みます




えり

表衿を縫い付けます
 
表衿の出来上がり線を折り
裏衿の縫い目に合わせて乗せ
上からステッチをかけて止めます




ぶひ子
衿のクセをしっかりつけておけば
きれいな仕上がりになります
クセの大きさは布の厚みと比例していきます

肩線の縫いどまりは縫い代が逆方向になる分岐点になります
しっかり位置で縫いどまり
そしてしっかりギリギリまで切り込みを入れる
ココが大事なポイントとなってきます

まずは薄い布の衿作りからやってみてください

ふぁい!!





スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。