スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定番スカート~ダーツを縫ってみる
ダーツ
ダーツを縫っていきましょう
ダーツとは、平面を立体的にするためのものです
印を合わせて三角になるように縫っていきます



ダーツ
スカートのウエスト部分、
またブラウスや上着は
胸の山やウエストを絞ったりするためです

ただまっすぐ縫うだけの部分ですが
きれいなカーブを出すために少しだけ気にしたいところがあります

そんな話です



ダーツ

型紙上のダーツを見てみると図のような印になっています
この三角部分を縫うことでお腹やヒップ7の膨らみを出していきます
ヒップサイズとウエストサイズの差によってこの大きさは変わります

目印として頂点から1cmほど上にポイント印をしておきます




ダーツ
縫っていきます
初級編①と中上級編②と分けてあります

どちらも印よりも内側を縫います
基本は同じなのですが、縫い方の違いが少しあります
まずは初級編を試してなれたら中上級編もやってみてください

初級編①
ウエストの印からポイント印()に向かって縫い進めます
ポイント印の手前でいったん止まり
今度はまっすぐに1㎝下に縫います
縫いどまりが実際のダーツの終点となります




ダーツ

①ウエストから縫い始めてポイント印へ向かいます
②ポイント印(1㎝上の点)まで来ました
③端の輪と平行に1㎝縫う



ダーツ

中上級編②
ウエストからポイント印()に向かって出発し
中間点あたりでなだらかな曲線で縫い進み
ポイント印を通過しダーツ終点で消えるように縫う

①②どちらも型紙上の印よりも内側を縫います




ダーツ

アイロンをかけます
縫い目を無理やり開かないで
上から押さえるようにかけます

ダーツの終点付近は
きれいな丸みになるように
自然に縫い目が消えていくように
かけていきます




ダーツ



ではもしも型紙通りに縫ったとしたら・・・


ウエストから出発し三角の頂点を目指して縫います





ダーツ



縫いどまり位置で山になってしまい
表に返してみても
不自然な山が出っ張ってしまいます




ダーツ



一方印より内側を縫い
また終点付近に気を付けて縫うと





ダーツ


表から見ても自然な丸みになり
きれいなダーツができるというわけです



ダーツ

ダーツの終点は消え入るように仕上げましょう

より人の身体に近づけるということを意識するといいと思います

今どの部分を縫っているのか・・・を
いつも頭に入れておくことが大切かと思います




ダーツ

では裏地はどうでしょう?

裏地は、印より少し内側を
まっすぐ縫っていきます




ダーツ


きせをかけてアイロンをかけます
(➡縫い目を覆い隠すようにして縫い目と折り目に差を付けます)




ぶひ子

気づくともう12月に入ってしまいましたね
お立ち寄りくださりありがとうございます
これからもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト

スポンサーリンク

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。